愛犬に長生きしてほしいなら病気を未然に防げ

犬と猫

介護と動物病院

医師とドッグ

犬は7歳をすぎたあたりから老化が始まると考えられています。当然、病気にかかる確率も高まってくるので、それぐらいの時期になったら、とくに注意深く様子を見るようにしましょう。歩き方がおかしくないか、食が細くなっていないかなどは、しっかりチェックすることです。とは言え、どれだけ気を配っていても、病気にはかかります。犬を飼うならば、介護の心得も持っておきたいです。在宅介護は散歩や遊びに代わるコミュニケーションの手段の1つになります。こまめに世話をしてあげましょう。また、最近は犬の介護サービスもかなり充実してきました。さまざまな事情によって家で介護できないと言う人は、こう言うサービスを利用すればいいでしょう。

犬が病気にかかったら、動物病院に連れていかなくてはいけません。動物病院はどこでも同じと思っている人も多いですが、そんなことはないです。ペットは家族の一員として位置づけられるようになりました。愛犬をきちんとした動物病院に連れていきたいと考える飼い主が増えています。ペットを飼う人たちから人気がある動物病院は、疑問にていねいに答えてくれて、雰囲気が良いところです。診療時間外でも対応してくれるところも支持されています。ちなみに、動物病院は病気や怪我を治療するだけの場所ではありません。ほとんどの動物病院がペットホテルとして、さまざまなペットを預かるサービスを行っています。旅行や遠方での冠婚葬祭時に利用しましょう。

子犬の外見としつけ

動物

柴犬は子犬の時と成犬になった時では外見がかなり変化します。子犬の時の可愛らしさも覚えておきたい場合、まめにペットショップなどを覗いておくと良いと思います。子犬の時に甘噛みなどの行為が見られる場合は、叩くのではなくガムなどの甘噛み対策をする事が大切です。

もっと読む

後悔しないペットの弔い方

遺影と位牌

家族同様のペットが死ぬと、慌ててペット葬儀の業者に頼む人が多いです。事前にどのような葬儀をしたいか決めておくことが大切です。墓地に埋葬したいのなら霊園を併設している業者に依頼します。また遺体を安置したい場合はそのような施設があるかどうか確認します。事前に訪ねておくと葬儀の内容を知ることができます。

もっと読む

今大人気の犬種

犬と男性

フレンチブルドッグは室内で飼うのに適した犬種です。よく食べ、よく遊び、その上利口で穏和な性格なので、犬好きに非常に愛されています。しかし、起源はヨーロッパのため日本の気候は苦手です。飼い主は温度管理を行うことが必要です。

もっと読む